加齢が原因の皮膚の老化

セラミドを食材や美容向け健康食品などの内部からと、化粧水や美容液などの外部から摂るということにより、上手く健全な肌へと向かわせることが可能であるのではないかといわれています。

加齢が原因の皮膚のヒアルロン酸の低下は、肌の潤いを著しく悪化させるばかりではなく、肌全体のハリも奪って乾性肌やシミ、しわ生成の大きなきっかけとなってしまいます。

元来ヒアルロン酸とは身体全体の至る部分にある、特有のぬめりを持つ粘性のある液体を言い、生化学的に言えばムコ多糖類と呼ばれるゼリー状の物質の一種であると言うことができます。

世界の歴史上の絶世の美女として後世に語られる女性達がプラセンタを美容や健康と若々しさの維持に期待して使用していたとの記録があり、はるか古代からプラセンタの美容への高い効果がよく知られていたということが推定されます。

身体の中のコラーゲンは高い伸縮性を持つ繊維状組織であって細胞をくっつけることをする機能を果たし、保湿成分であるヒアルロン酸はコラーゲン繊維の間に存在することにより、水分の欠乏を抑制します。

水分を除外した人の身体の約5割はタンパク質で占められ、そのうちの35%前後がコラーゲンです。コラーゲンが担う主要な役目とは身体の皮膚や筋肉、内臓、骨などを作るための資材になっているという所です。

近年は抽出の技術が高度になり、プラセンタの持つ有効成分をとても安全に抽出することができるようになって、プラセンタの持つ様々な薬理作用が科学的にも実証されており、より一層詳細な研究も進んでいます。